2018年12月

マレーシアへの企業進出をサポートしてくれる会社について

マレーシアに進出する場合には、国民性・経済状況・関連法規など様々な情報収集が必要になります。次に、それらの情報を集めた上でマーケティング・助成金や補助金・組織立案などの戦略をたてる必要があります。そして、現地法人設立・現地スタッフ募集・ECサイト構築などを行い現地に進出します。さらに、事業を発展させて行くため宣伝・販路拡大・M&Aなどが必要になってきます。 これらのことを包括的にサポートしてくれる […]

投資事業組合とは?その役割を解説

投資事業組合というのは、組合員から出資を募り、集めた資金を何かに投資して、得られた収益を再び組合員に分配するようなものを指します。投資をしてその利益を得たいと思っている人は少なくないでしょうが、個人では出せるお金に限界があることも多いです。少額のお金では事務手続きが煩雑になるという理由もあり、出資を受け付けていないことも多くあります。出資しようと思えば最低金額が決まっているようなケースもあるわけで […]

ETFって何?必要な投資額と利率とは?

  • 2018.12.01

ETFは日本語で言うと上場投資信託です。取引所に上場している投資信託なので、株式のように市場が開いていればいつでも売買できます。ETFといっても種類は多くあり、日経平均に連動しているものから外国株の指数に連動しているものがあります。必要な投資額は銘柄ごとに違います。また、取引時間中は刻一刻と価格が変わるので、同じ銘柄でも購入するときによって変わってきます。数万円程度から購入できるので、比較的敷居が […]

不動産投資って何?必要な投資額と利率とは?

不動産投資とは投資用の不動産を購入したり、建てたりしてそこに入居者を住まわせて、家賃収入を得る方法です。基本的には、自己資金でも不動産は購入できますが、借入金を利用することがほとんどです。なぜならば、不動産投資の旨味はこの借入金にあるからです。他の投資では金融機関はお金を貸してくれません。しかし投資用不動産を購入するときには、物件の利回りや将来性を考慮してお金を貸してくれます。 そして不動産投資で […]

外貨預金って何?必要な投資額と利率とは?

投資の方法はさまざまですが、ハイリターンな方法は必然的に相場の急激な変動によるリスクも大きいのが特徴といえます。そこで知識や経験が少ない人でも比較的少なめのリスクで気軽にできる投資方法に外貨預金があります。これは文字通り日本円ではなく外国の通貨で貯蓄をする方法です。   預金の一種には変わりがないので、一定の期間そのまま銀行に預けていれば利息を得ることができます。最低限必要となる投資額は […]

株式投資って何?必要な投資額と利率とは?

株式投資とは、企業が資金集めのために発行している株式を購入することで、お金による支援を行うことを意味します。企業は大きな事業に取り組むに当たって、多額の資金を用意しなくてはなりません。銀行などから借りるという方法もありますが、より柔軟に活用できるとして株式が活用されています。 株式の良いところは、企業が資金を必要と思ったときに自由に活用できることです。銀行から借りるときには審査や手続きなどが必要と […]

投資信託って何?必要な投資額と利率とは?

最近は証券系の投資が注目されています。株式投資などをイメージする方が多い中、比較的取り組みやすい投資手法として、投資信託が挙げられます。これは、資金をプロの資産運用家に預けて運用を代わりに行なってもらい、利益分の分配を受けられるというものになります。自分で銘柄選択や売買注文をする必要がなく、運用の知識や技能がなくても運用成果を得られる手法として人気が高まっています。 この投資信託を提供する証券会社 […]

投資を始める前に気をつけておくべきこと

  • 2018.12.01

これから投資を行う場合、事前の準備として気をつけておくべきポイントがいくつかあります。それは、その手段が元本保証のものなのか、それとも元本割れするリスクがあるのかをあらかじめ把握しておくことです。例えば、株式や外貨預金などは元本割れのリスクがありますから注意が必要になります。これらは為替レートや株価の変動が常にありますので、いくらまでならお金を出して良いかを事前に確かめておくことが必要です。また、 […]

これから投資を始める人にオススメの投資手段

  • 2018.12.01

これから投資を始める人にオススメなのは仮想通貨です。仮想通貨ならなんと500円以下から始められます。「新規口座開設で3,000円分のビットコインプレゼント」などのキャンペーンを利用すれば無料で始められますよ。仮想通貨は時代を変えると言われている新技術・新サービスなので、資産の10分の1程度は投資しておくことがおすすめです。もちろん、ハイリスクなので全力投資はおすすめしません。少額で始められる投資と […]