ETFって何?必要な投資額と利率とは?

ETFって何?必要な投資額と利率とは?

ETFは日本語で言うと上場投資信託です。取引所に上場している投資信託なので、株式のように市場が開いていればいつでも売買できます。ETFといっても種類は多くあり、日経平均に連動しているものから外国株の指数に連動しているものがあります。必要な投資額は銘柄ごとに違います。また、取引時間中は刻一刻と価格が変わるので、同じ銘柄でも購入するときによって変わってきます。数万円程度から購入できるので、比較的敷居が低いです。


投資信託は、投資家から資金を集めてプロが運用するものです。決算時に運用成績によって利益を分配します。利率は運用成績によるので毎回違ったりします。もちろん運用成績が悪ければ配当はなく、良いときは銀行預金の利率とは比べ物にならないほど良いです。配当が出ても購入した時期によって価格が違うため、同じ銘柄を保有していても人によって利率は違います。


ETFのメリットは、個人では投資しにくい地域の株などで運用されているものを購入できることです。ETFはさまざまな指数にも連動しているので、個別銘柄の選定に困ったときなどにも便利です。また多くの銘柄が組み込まれているので、少ない金額でリスク分散が可能です。上場していない投資信託もありますが、ETFはリアルタイムの価格で購入できるのも良いところです。上場していないものは、注文を出すときは前日の価格しか分かりません。実際の購入金額が思ったより高かったということも珍しくありません。