不動産投資って何?必要な投資額と利率とは?

不動産投資って何?必要な投資額と利率とは?

不動産投資とは投資用の不動産を購入したり、建てたりしてそこに入居者を住まわせて、家賃収入を得る方法です。基本的には、自己資金でも不動産は購入できますが、借入金を利用することがほとんどです。なぜならば、不動産投資の旨味はこの借入金にあるからです。他の投資では金融機関はお金を貸してくれません。しかし投資用不動産を購入するときには、物件の利回りや将来性を考慮してお金を貸してくれます。

そして不動産投資では、レバレッジという言葉を利用します。これは「てこの原理」という意味です。つまり少額の自己資金に対して、多額の借入金を利用して不動産を購入できるので、てこの原理に例えて表現します。そして家賃収入や地代収入から借入金を返してゆくので、基本的には自分の給料などからの持ち出しはありません。そして金融機関から借りる時の利率は、住宅ローンの様に決まっていません。購入しようとしている物件を査定して、利率を決めることが多いです。


では不動産投資において、必要となる金額はどれくらいなのでしょうか。それは物件によりけりです。中には数十万円単位の物件もあれば、億単位もする物件もあります。ですから購入する物件により用意する頭金や、借入金の金額も大きく変わってくるのが特徴です。
このように不動産は比較的大きな金額が必要になりますが、すべて自分で用意する必要がなく、借入金を利用できるというメリットがある事が特徴になります。